株式会社 Wing不動産流通

078-787-2401

営業時間:9:00~20:00(時間外営業も可能) 定休日:年中無休(水曜日も事前予約制営業中)

株式会社Wing不動産流通 > (株)Wing不動産流通のスタッフブログ記事一覧 > 同じマンション内で売り物件が出ている場合

同じマンション内で売り物件が出ている場合

≪ 前へ|共有名義のマンションを売却する場合の注意点   記事一覧   タワーマンション売却のリスク|次へ ≫

同じマンション内で売り物件が出ている場合

自分の部屋を売りに出そうとしたときに、

同じマンションや近隣のマンションに売却物件が出た、または出ている。


その場合は、どのように売ることに注意すればいいでしょうか?

特に値段が近い場合は売るのが難しい。


「え?あの部屋がこの値段!!」なんてこともあるのです。


そうなると、どうしても差別化が必要です。
その差別化とは2つの方法があります。


1つが価格提示、もう1つは特徴。


1つ目は単純に価格を調整すること。
例えば同じマンションで3階が売りに出てる。

自分の部屋は4階で同じ間取り。


もちろん内装の具合も関係ありますが、

10万円でも安く売りに出せば非常に買い側としては

コストパフォーマンスを感じます。


なぜなら、どんな人でも不動産は1階あがるごとに

高くなることを知っているからです。


よって、それが10万円でも非常に効果が高いのです。

また値段は別の部屋よりも高くとも、購入したときにリフォームして

お金をかけたのであれば、それを記載すると効果もあります。


もうひとつの方法は特徴。


他の部屋と比べて特徴は?

例えば少し前のマンションならエレベーターが止まる階

と止まらない階があります。


よって止まる階であれば

「エレベーター停止階です、お年をめしたお父さん、

お母さんも安心して長く住めます。」


「たくさん買い物したママさんのベビーカーも安心です。」


と入れることにより他のフロアと大きな差別化が図れます。


また、自分の部屋が南向きであれば「南向き」であることは絶対強調。
他の物件よりも優位なポイントはどんどんあげてください。
「推し(おし」ポイントですね。


買う方の気持ちとすれば「絶対失敗や、損はしたくない」心理がありますので、買うなら少し高くてもいいものを選びます。


よって他と比較して「コスパ(コストパフォーマンス)の良さ」

を感じさせることが大事です。


あなたのマンションの「推し」はなんですか?
売りに出す前に書き上げてみましょう。

≪ 前へ|共有名義のマンションを売却する場合の注意点   記事一覧   タワーマンション売却のリスク|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る