株式会社 Wing不動産流通

078-787-2401

営業時間:9:00~20:00(時間外営業も可能) 定休日:年中無休(水曜日も事前予約制営業中)

株式会社Wing不動産流通 > (株)Wing不動産流通のスタッフブログ記事一覧 > マンション売買契約時の注意点

マンション売買契約時の注意点

≪ 前へ|マンションを売らずに持っておくリスク   記事一覧   【マンション売却Q&A】どれぐらい前から売りに出せば良いのか?|次へ ≫

マンション売買契約時の注意点

皆様、こんにちわ。

今回のテーマは、『売買契約時の注意点』です。


マンションを売却する場合の契約書ですが、

結論から言うと今は非常に簡単になっています。


簡単と言っても『中身が簡単』になっている訳ではありません。


今は不動産業界に一定のフォーマットの契約書があります。

ほとんどの不動産屋さんは、そのフォーマットを使います。


また、大手の場合はそうした一般的なフォーマットを

さらに改造したものを使っています。


よって、今世の中にある売買契約書の多くはそうしたフォーマットを

もとに作られていますので、消費者側である売主さんや買主さんにとって、

大きな問題が起こりにくいようになっています。


もし、売却が決まって契約書の案が送付されてきたら、

その契約書の隅っこを見てください。


「FRK」とか「宅地建物取引業協会連合会」などと記載があれば、

そうしたフォーマットの契約書です。


そういう状況なので、「だまされないか?」と不安になって契約書の

一言一句をチェックする必要はほぼありません。

そのうえで、売主として気をつけておくべきところがあります。


ローン特約に注意


それは「買主のローン」です。
あなたがマンションを売る場合、ほとんどの買主さんがローンを使います。
その場合、売買契約書には「ローン特約」なるものがつきます。

ローン特約とは、買主のローンが通らなかったら契約を

白紙解約するという特約。


この特約は、ローンを使う買主であれば100%つきます。


それはいいのですが、この特約がある限り

「審査の危ない買主でも、特約の期間は待たなければいけない」
となります。


時間が経って結局「はい、ローンダメでしたから解約。手付金も返してと。。

売主にしては、この期間が無駄になるわけです。


こうなってはたまりません。
また、買主を見つけなければなりません。


契約書にローン特約の記載があると、売主はそうしたリスクを背負います。
だからこそ、「買主はほんとうにローンが大丈夫か?」をしつこいぐらいに確認。
そして、危なそうであればローン特約の期間を短くしておくほうがいいですね。

契約書全体は怖いものではありません。
しかし、ローン特約は要注意です。

≪ 前へ|マンションを売らずに持っておくリスク   記事一覧   【マンション売却Q&A】どれぐらい前から売りに出せば良いのか?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る