株式会社 Wing不動産流通

078-787-2401

営業時間:9:00~20:00(時間外営業も可能) 定休日:年中無休(水曜日も事前予約制営業中)

株式会社Wing不動産流通 > (株)Wing不動産流通のスタッフブログ記事一覧 > マンションを売らずに持っておくリスク

マンションを売らずに持っておくリスク

≪ 前へ|【マンション売却Q&A】住宅ローンが払えなくなった場合の任意売却について   記事一覧   マンション売買契約時の注意点|次へ ≫

マンションを売らずに持っておくリスク

皆様、こんにちわ。
今回のテーマは、『マンションを売らずに持っておくリスク』についてです。

最近、マンションのご売却相談で弊社によくある
お問合せ内容なのですが、『売るか』もしくは、『売らずに持っておくか』と
迷われているお客様が非常に多いです。

様々は理由で、今のマンションからは、引越しするけれど、
そのマンションは、売らずに持っておこう。

将来何かあった時の為においておこう。

このようにお考えの方が最近増えているように思います。

でも、空家のままだと部屋が傷むし、
賃貸に出したらどうだろうか?

そして、弊社へご相談に来られます。
これにつきましては、個々それぞれの経済状況にもよりますが、
原則的には、『使わないマンションは売るべき』というのが
私達の考え方です。

なぜか?その理由は、今後の経済情勢を見る限り、
現金で持っておく方が強いと考えるからです。

先に売却してキャッシュにしておけば、次に購入したい物件が出てくれば、
すぐに購入する事ができるわけです。

不動産を所有していれば、売れないと現金化はできませんよね?

『いや、私のマンションは、ローンも払い終わっているし、
賃貸で貸して、儲ける事ができるよ』と言われる方もいるでしょう。

しかし、今後の不動産業界の流れから見ると、
自宅にしていたマンションを収益用として運用するのは、リスクが高いのです。

これまでであれば、マンションを貸せば賃料以外に、
礼金や敷金、更新料や原状回復費用などオーナー様にとって良い状況でした。

しかし今は違います。

いろんな判例で礼金や敷引、現状回復、家賃滞納者への対応などオーナー様に不利ともいえる情勢になりつつあります。

さらに、貸してしまえばもう「自宅」ではありません。

売る時は、居住用物件ではなく、収益物件になり、
居住用物件として売り出す場合よりも厳しい評価がつきます。

『売りたくなったら、借主に出て行ってもらえば良いのでは?』
『自分たちが住む事になった場合に出て行ってもらえば良いのでは?』

と言いたい所では、ありますが、現実的に難しいのです。

通常、賃貸の場合、出て行ってくれ。と言ってもまず無理です。
勿論、借主がいいよ。と言ってくれれば、問題ありませんが、
もし、嫌だとなった場合、裁判をしても勝てる見込みはほぼありません。

今の法律は、借主有利な法律になっています。

こうしてトータル的に考えれば、将来への不安でマンションを

置いておくこと自体にリスクがあるということも

ご理解いただけるのではと思います。


もちろんその背景には個人個人の状況がありますので、

「私の(マンションの)場は?」ということについては

個別に相談にお申込みいただくことをオススメします。






≪ 前へ|【マンション売却Q&A】住宅ローンが払えなくなった場合の任意売却について   記事一覧   マンション売買契約時の注意点|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る