株式会社 Wing不動産流通

078-787-2401

営業時間:9:00~20:00(時間外営業も可能) 定休日:年中無休(水曜日も事前予約制営業中)

株式会社Wing不動産流通 > (株)Wing不動産流通のスタッフブログ記事一覧 > 買い替えローンの仕組み

買い替えローンの仕組み

≪ 前へ|『住替え』での住宅ローン処理と手続きの流れ   記事一覧   住宅ローンの支払いが出来ない場合は、任意売却をオススメします。|次へ ≫

買い替えローンの仕組み

皆さん、こんにちわ。
本日のテーマは『買い替えローンの仕組み』についてです。

買い替えローンとは、現在所有の不動産を売却し、新居をを購入する際に借りる住宅ローンです。
前の住宅ローンの残債を上乗せし、融資してもらう仕組みです。

簡潔に言うと、『余分に貸したお金で住宅ローンを返済し、新居を購入する』といったイメージですね。

住替えは、売却と購入をするタイミングとして、

1、売り先行
マンションを先に売却し、その後、新居を購入する。

2、買い先行
先に新居を購入し、その後、マンションを売却する。

3、同時進行
マンションの売却と新居の購入を同時並行で進める。

以上、3つのパターンに分かれます。


住宅ローンを完済できる場合は、『売り先行』がベスト

何故なら、先に売却をすると、手元に残るお金が明確になるので、購入予算が定まります。
なかなか売り手が付かない場合でも、購入時期を遅らせればいいだけなので、
ジックリ腰を据えて待つ事が可能になります。

つまり、ジックリと、時間をかけて、新居を探す為には、『売り先行』が最適という事です。

そこで、気になるのは、『売り先行』の場合の手続きの流れですよね。

『売り先行』の場合の手続きの流れ

1、現在所有のマンションを不動産会社に査定をしてもらい、売却を依頼する。

2、売却活動及び仮住まいを探す。

3、売却完了後、新しい住まいを探す。

以上の流れで、順序よく進めて行きましょう。

次回は、『住宅ローンを完済できず、買い替えローンを利用する場合の手続きの流れ』です。




≪ 前へ|『住替え』での住宅ローン処理と手続きの流れ   記事一覧   住宅ローンの支払いが出来ない場合は、任意売却をオススメします。|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る