株式会社 Wing不動産流通

078-787-2401

営業時間:9:00~20:00(時間外営業も可能) 定休日:年中無休(水曜日も事前予約制営業中)

株式会社Wing不動産流通 > (株)Wing不動産流通のスタッフブログ記事一覧 > 『住替え』での住宅ローン処理と手続きの流れ

『住替え』での住宅ローン処理と手続きの流れ

≪ 前へ|住宅ローンを完済できず、買い替えローンを利用する場合の手続きの流れ   記事一覧   買い替えローンの仕組み|次へ ≫

『住替え』での住宅ローン処理と手続きの流れ

皆さん、こんにちわ。

今年も、いよいよ住替えシーズンがやって参りました。
弊社では、続々とマンションを売却して、憧れの新築戸建てへお住替えをしたいという
お問合せ、殺到しております。

という事で、本日のテーマは、、
マンションを売却して憧れの新築一戸建てへスムーズにお住替えをする為の
住宅ローン処理と手続きの流れについてです。

まず、住み替えをする際に、一番重要な事は、
今お住まいのマンションの住宅ローンを完済できるかどうかが、重要になります。

住宅ローンは、完済して初めて、購入者へ所有権を移転する事が可能になります。
つまり、大前提として、『住宅ローンを完済できないマンションは、売れない』これが鉄則です。

しかし、この不景気な時代、売却できる代金を住宅ローンが上回っているケースがほとんど。

その場合、足りない分を用意しなくてはいけません。

足りない分の補足資金を用意できる場合は、問題がありません。
では、補足資金が用意できない場合は、どうするのか?

この場合、買い替えローンというものがあります。

つまり、
1、住宅ローンの残高よりも高く売れるのであれば、住み替えは、可能。また、住宅ローンの残高よりも安くなる場合でも、残りの残額を自己資金の中から捻出できるのであれば、可能です。

2、自己資金が無い場合でも、買い替えローンを利用すれば、可能です。

続きはこちら⇒住宅ローンが完済できるかどうかを調べる手続き

≪ 前へ|住宅ローンを完済できず、買い替えローンを利用する場合の手続きの流れ   記事一覧   買い替えローンの仕組み|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る