株式会社 Wing不動産流通

078-787-2401

営業時間:9:00~20:00(時間外営業も可能) 定休日:年中無休(水曜日も事前予約制営業中)

株式会社Wing不動産流通 > (株)Wing不動産流通のスタッフブログ記事一覧 > 1LDKの寝室の広さとダブルベッドのレイアウト

1LDKの寝室の広さとダブルベッドのレイアウト

≪ 前へ|1LDKにダブルベットは置ける?   記事一覧

1LDKの寝室の広さとダブルベッドのレイアウト

カテゴリ:インテリアやレイアウトについて



1LDKとひとくちにいっても長方形や正方形、


縦長横長など様々な形状が存在します。


その中で寝室として用いられることが多いのは


やはり6畳や8畳の部屋です。


部屋の形状やコンセントの位置などを考慮したうえで


最大限に空間を活用できるレイアウトを考えていきましょう。


1. 4畳半のレイアウト


4畳半とった大きさの寝室は、


寝室のイメージにしては『少し狭すぎる気がする』


という疑問が最初に思い浮かぶのではないでしょうか。


実際にこのサイズの空間にベッドを入れると


いったいどのようになるのかを考え、


空間を最大限に活かしたレイアウト法を知っておくことが重要。


4畳半の寝室でも、壁際に寄せたレイアウトを意識することで、


余ったスペースにチェストや机などといった


家具をおくことも可能です。


しかし寝室の中央にベットをレイアウトすると


寝室のほとんどをベットが占めている状態になり、


通路スペースが狭くなります。


ベットの場所ひとつで部屋の印象は大きく異なります。


◇ 5畳のレイアウト


5畳の大きさをベットルームにする場合、


ダブルベットは中央に配置位するのがおすすめ。


5畳は実際4畳半の寝室とほぼかわりはありませんが、


いずれも寝室として使うのであれば十分なスペースです。


◇ 6畳のレイアウト


6畳のベッドルームはダブルベットを置くだけでなく、


その他の家具を置いても生活導線が取れるサイズの部屋です。


すっきりとした空間を演出したいのであれば、


シメントリー(左右対称)がおすすめ。


イメージとしてホテルの部屋を想像してください。


左右対称であることによりバランスが良く


落ち着きのある寝室が想像できるでしょう。


もし縦向きのシンメトリーにしたいと考えるのであれば、


サイズがセミダブルかシングルに限られることになりますので


ご注意ください。


◇ 7畳のレイアウト


最近人気の7畳サイズの部屋。


6畳や8畳とわずか1畳分しか差がないから


あまり変わらないと思っている方も多いでしょう。


ですがわずか1畳、されど1畳。


これは大きな違いになるのです。


先ほどの6畳ではあまりオススメできなかった


縦向きのシンメトリーであってもすっきりと!


なおかつ収納家具も配置することができるのです。


◇ 8畳のレイアウト


寝室のサイズとしてもっとも一般的なのはこの8畳です。

8畳分のサイズであれば大きめのダブルベッドを入れたとしても

窮屈さや圧迫感は感じることなく

ゆったりとした空間が楽しめそうですね。

ですがなかには寝室には家具を多めに入れたり、

もしくは限りなく家具は少なくシンプルに、

開放感のある空間を演出したい方もいらっしゃるでしょう。

自分好みの空間を仕上げるためにも

一番有効活用できるレイアウトを覚えておきましょう。

ベッドを縦置きに配置するのであれば、

部屋のサイズによって狭く感じることもありますが

8畳サイズであれば、広いイメージを残したままなおかつ、

家具を追加で置くにも十分な空間になるでしょう。

ベッドを横向き、またはシンメトリーに配置する場合は


ベッド周囲には生活動線も取れるので


スムーズに動ける場所の確保も可能です。


正方形に近い8畳の際にはこの横向き


もしくはシンメトリーのデザインがオススメです。


3. 1LDKの寝室にダブルベッドを置く場合の注意点


寝室のレイアウトを考える際に

事前に必ずチェックしておくポイントがあります。

もっとも重要なことは部屋のサイズとベットの大きさを測ってから

レイアウトを考えること。

イメージだけで大体のサイズを予想するのではなく、

正確なサイズを測ったうえで

レイアウトを考えていきていきましょう。

さらにそのサイズは自分にとって

本当に寝心地が良いものなのか事前にチェックしましょう。

新しくベッドの購入を検討している方は

自分のサイズに適したベッドを選びましょう。


そして忘れてはいけないのがコンセントの位置や、

窓の場所やサイズ感。そして生活動線範囲です。

人が立ったり座ったりの日常的な動作をするため必要なスペースは

1人60cm ~必要といわれます。

ですからベッドやその他の家具の周りは


最低でも60cm は確保する必要があります


これも居心地の良い寝室づくりの前の予備知識として


理解しておかなければならない事項です。


 まとめ


ベットルームの使いやすさは、いかにポイントを理解しているかで


全く変わってきます。


使い心地はレイアウト次第といってもよいでしょう。


主役であるダブルベットを軸に、よりよい睡眠環境をつくれるようなコーディネートを目指したい!


なのに使いずらかったり、


イマイチしっくりこないし、


インテリアも統一性がなく気に入らない…。


そんな時は今回ご紹介したポイントを意識しながら


再度見直してみるのはいかがでしょう。


縦と横を変えるだけでも部屋の印象や空間はがらっと変わるもの。


質の良い睡眠を得られる寝室であれば目覚めも快適で、


充実した一日を過ごせることでしょう。


wing不動産ではお部屋探しのお手伝いだけはなく


こういった家具のレイアウトについてのアドバイスも


承っておりますのでお気軽にご相談ください!(^^♪





≪ 前へ|1LDKにダブルベットは置ける?   記事一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る