株式会社 Wing不動産流通

078-787-2401

営業時間:9:00~20:00(時間外営業も可能) 定休日:年中無休(水曜日も事前予約制営業中)

株式会社Wing不動産流通 > (株)Wing不動産流通のスタッフブログ記事一覧 > 1LDKにダブルベットは置ける?

1LDKにダブルベットは置ける?

≪ 前へ|これでもう失敗しない!Wi-Fiルーターの選び方って?   記事一覧   1LDKの寝室の広さとダブルベッドのレイアウト|次へ ≫

1LDKにダブルベットは置ける?

カテゴリ:インテリアやレイアウトについて



ベットルームの使いやすさは、レイアウト次第で大きく変わります。


メインのダブルベットを1LDKの中心にし、


快適な睡眠環境を作るためには


部屋のサイズにあった配置を考える必要があります。


この記事では各部屋の大きさにあわせてご紹介します。


1LDKのお部屋にダブルベットを置く場合、


何も考えずただ置いてしまうとデットスペースが発生したり、


生活動線が悪くなってしまうことがあります。


そうした事態を防ぐためにも


それぞれの部屋が最も有効活用できるレイアウトを抑え、


快適な睡眠環境を作りましょう。


1LDKの間取りにダブルベッドは置ける?


さて、ダブルベット大人2人が寝転べる広さですが


一人当たりのスペースは、シングルサイズのベッドで


それぞれが2枚必要であることを覚えておきましょう。


では寝室にダブルベッドを置くなら何畳必要なのでしょうか?


大人が1人でゆったりとが寝るのに必要なスペースは、


一般的に畳1畳分と言われます。


ですが寝室にベッドを置く際に。


畳1畳分に収まるサイズのベットは実は存在しません。


さらにベットのサイズを決める際ときに、呼び方が


『一人だからシングルベット』


『2人だからダブルベット』


と単純に連想するイメージが先行しがち。


  • ですがベットのサイズというのは、


  • 眠る人数や部屋のサイズを考慮しつつ決める必要があります。


  • ここでは部屋の広さとダブルベットを置く際の余ったスペースについて説明しますので、快適な睡眠づくりの参考にして下さい。


1LDKの間取りで二人暮らしするために

必要な広さの目安ってどれくらい?


ワンルームの場合、


喧嘩しても同じ空間で過ごさなければならなかったり、


洋服が収納できず部屋が狭くなるなどの精神的な負担や、


収納などの物理的な問題が発生します。


二人暮らしの最低でも必要とされる広さの目安は、


一般的に30mといわれ健康的で文化的な生活を送るために


必要不可欠な住宅面積である最低居住面積水準として定められています


では次回の記事では


1LDKの部屋の広さや形状によって最適なレイアウトについて


一緒に考えていきたいと思います♪




≪ 前へ|これでもう失敗しない!Wi-Fiルーターの選び方って?   記事一覧   1LDKの寝室の広さとダブルベッドのレイアウト|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る